Wix(ウィックス)でHPを作ろう

2017年度の初旬にHP作成サービスのWix(ウィックス)がについに全世界での利用登録者数(ユーザー)が1億人を突破したというニュースがありましたが、Wix(ウィックス)ってここ数年で急速に登録ユーザーを増やしていますよね。

今までは中小企業や個人事業主の方が自分で商用目的のHP(WEBサイト)を作ろうと思って専門知識がないと作成するのが難しかったHPですが、このように今では誰でも簡単にHP(WEBサイト)を作れるようになってくれて本当にありがたいですよね。

そして、今までも当サイトではWix(ウィックス)についての記事をいくつか掲載してきましたが、今回は登録ユーザーが1億人突破したということで2017年版のWix(ウィックス)のレビュー記事をかいていこうかと思います。

Wix(ウィックス)でHPを作るのに向いてい方って

Wix(ウィックス)
まず、Wix(ウィックス)のレビューをする前にWix(ウィックス)を利用してHPを作るのに向いている方とはどのような方なのか説明していきたいかと思います。

実際にこの記事を最後まで読んでWix(ウィックス)を使ってHPを作るのに向いていなかったら時間の無駄になりますもんね。

Wix(ウィックス)でHPを作成するのに向いている方

  • 難しい専門知識は無いがHPを持ちたい方
  • デザイン性に優れたHPを持ちたい方
  • 直ぐにでもHPを開設したい方
  • 自分でHPの更新などをしたい方

私の個人的な感想ですが、上記の様なお考えも持っている方などがWixでHPを作成するのに向いてかと思います。それでは1つづもう少し詳しくお話させていただきますね。


難しい専門知識は無いがHPを持ちたい方

難しいHP
スマホなどが普及したことにより私たちの身の回りにインターネットは急激に浸透したかと思います。

それにより今まで中小や個人事業主が営むお店や会社ではHPを持っていなくても商売をしていく分にはそれほど影響はありませんでしたが、ここ数年でお店や会社などを起業するのならHPは最低限必要なツールになりました。

しかし、いざ自分でHPを作成しようとなるとそれなりの専門的な知識が必要ですから中々勉強してまでHPの作成をする方は少ないかったのではないでしょうか?

なので、結局は自社のHPを持つためにHPの制作をHP制作代行業者に依頼する方が多かったですよね。しかし、HPの制作を依頼するとなると高額な費用がかかりHPを持つことを断念されている方が多いのも現状かと思います。

しかし、どうしても自分のお店や会社でもHPを持ちたいと思われる方が沢山いるかと思います。なので、その様な専門的な知識が無く且つ金銭的な問題でHPの運営が出来ないという方の為にあるのがここ最近注目を集めているCMSと呼ばれるシステムですが、正に『Wix(ウィックス)』はCMSの代表的なツールだと思います。

例えば、Wix(ウィックス)を利用してHPを作成するには、特に難しい専門知識がなくても編集画面にあるパーツをドラッグ&ドロップしていけば簡単にHPが完成していきます。この辺りは実際にWix(ウィックス)を操作してみれば実感できるかと思います。


デザイン性に優れたHPを持ちたい方

お店や会社などのHPって本当に色々な種類がございますがなんとなく古臭いHPって中にはありますよね。しかし、HPを運営していて古臭いHPって逆にマイナスイメージを持つことがございます。

例えば、ネイルサロンや美容室のHPで古臭いデザインのHPのお店へあなたはお客として行きたいですか?多分誰も行きたいと思う方はいないですよね。

しかし、デザイン性に優れたHPを運営するとなるとデザインなどをプロに方に頼んでカスタマイズなどをしてもらわなければなりません。しかし、プロにデザインのカスタマイズを頼むとなると高額な費用がかかるので結局はデザインはありきたりのHPが完成したりします。

しかし、Wix(ウィックス)を使用しHPを作成すればプロがデザインした約500種類以上のテンプレートを使ってHPを作ることが出来ます。

以前から言われていることですが、Wix(ウィックス)って本当にデザイン性が良くいつでも最先端のデザインが楽しめるのでお洒落なHPを持ちたいという方に支持されていますよね。

例えば、Wix(ウィックス)で利用できる美容関連に特化したテンプレートの例になりますが、下記の様なテンプレートが無料で使用することが出来ます。

ネイルサロン
※上記テンプレート以外にも沢山のテンプレートがあります


直ぐにでもHPを開設したい方

私自身、初めてHPを作ったときは作成開始から開設までに約1ヶ月ほどの時間を要しましたが、それほどHPを自分で作ろうとなると時間がかかるものです。また、HP制作会社にHPの制作を依頼してもヒヤリングから制作などで完成するまでには自分で作る時と同じように約1ヶ月程度の期間が必要になるかと思います。

しかし、Wix(ウィックス)の場合ですと約500種類以上のテンプレートがあるのでPCの操作がある程度できるレベルであれば約1日でHPを公開することも出来るでしょう。

1つ語弊があったらいけないので付け加えておきますが、1日もあれば公開が出来るといってもだいたい基本ページの5ページ前後のHPになります。手の込んだHPにするためにはそこから更に作り込みが必要になりますがね・・・まぁそれでも自分のHPを持てるということはかなり嬉しいことですよね。


自分の手でHPの更新をしたい方

自分で更新
意外と多いお話になりますが、個人事業主や中小企業などでお店や会社などのHPを作ったらそれで満足してしまう方がいます。

よく『HP』は365日24時間働く優れた営業マンと言われていますが、どんな優れた営業マンでも仕事を教えなければ仕事をすることはできません。

まぁ中には仕事などを教えなくても自分で考えて仕事をする営業マンの方もいるかも知れませんが、現実的にみてもそんな営業マンに巡り合える確率なんてそうそう無い話ですよね。

また、HPの運営をしていくことについても先ほどの営業マンと同じく、ただ作っただけのHPでは仕事なんかしてくれません。※この場合の仕事とは検索結果で上位に表示されないということ HPでしっかりと集客などを考えているなら最低でも狙ったキーワードで検索結果で1ページ目に表示されるようにしなければ自分が思ったようなネット集客は難しい話です。

そして、この検索結果で上位に表示されるようにするためには「○○をしたら検索結果が上位で表示される」というハッキリとした答えはありませんが、常日頃からHPを更新し新しい情報を常に発信しているHPはGoogleやYahooなどの検索エンジンで上位に表示されやすくなります。

なので、自分の手でHPを更新などをする必要があります。まぁ資金が豊富にある個人事業主や中小企業であればお金を業者に支払ってでもHPの更新作業をしてもらう方もいますが、そんなに資金が豊富にあるような個人事業主などならHPの自作などを考えないでしょうね。

ざっとHPの作成にWix(ウィックス)を利用するのが向いている方の特徴のお話をしてみましたが皆さんはどうでしたか?

まぁHPの自作をお考え方にはかなりおすすめなWix(ウィックス)ですが、Wix(ウィックス)にもデメリットなどがございます。なので、もし仮にWix(ウィックス)を利用してHPの作成するなら、先ずはこのデメリットも十分理解してからHPの作成に取り掛かるようにした方が良いかと思います。

スポンサーリンク


Wix(ウィックス)のデメリットとは

2013年から日本での利用が出来るようになったWix(ウィックス)ですが、比較的操作性が良くデザインもお洒落なモノが多く私個人的にはおすすめなCMSですがやはりデメリットもございます。

先ずは、そのデメリットと思われる項目です

Wix(ウィックス)のデメリット

  • ページ数を増やすことが出来ない
  • SEOが弱い
  • デザインのカスタマイズが出来ない

Wix(ウィックス)の口コミなどをみてみると上記の様なことがよく話題になっています。しかし、日本での利用開始当初なら上記のようなデメリットも目立ちましたが、利用者数増加に伴いWix(ウィックス)社は利用者の不満を少しづつ解消しそれらデメリットを最小限になるように改善されてきています。


ページ数を増やすことが出来ない

Wix(ウィックス)は以前から「ページ数を増やすことが出来ない」と言われていました。

この「ページ数を増やすことが出来ない」にはちょっと語弊があり実際にはページ数は増やすことが出来るのですが、メニューバーなどにページのリンクを貼る数が限られているためその様なことが言われています。

しかし、実際にはページ数を増やすことは可能です。

ページ追加

例えば、最近追加された機能で「ドロップダウンメニュー」がありますがこの機能を使えば複数のページを追加してもなんら問題ではありません。

「ドロップダウンメニュー」を利用するには、ページ追加を選択し次に新しいページをクリックすると「ページ」「リンク」「ドロップダウン」と選択できるようになります。

そこで「ドロップダウン」を選択するとフッターなどでドロップダウンメニューが出来上がります。



以前はWix(ウィックス)はこのドロップダウンメニューに対応していなかった為、メニューバーにメニューを追加することが出来ず複数のページを作っても中々皆さんに見てもらうことが出来ない状況となり複数のページを作ることが出来ずらいツールでした。

ちなみに、ドロップダウンメニューを追加するとこの様になります。※赤枠で囲ってある部分です。マウスをメニューの上に置くとサブのメニューが表れる仕組みとなっています。
ドロップダウンメニュー

これである程度のページ数を増やすことは可能となりますよね。

だた、100ページとかボリュームが多い時にはこのドロップダウンメニューでも対応は出来ません。ですが、そのような時にはブログ機能を使ってページ数を増やすようにすると良いかと思います。


Wix(ウィックス)はSEOに弱い?

画像の説明
以前からWix(ウィックス)はSEOに弱いと言われてきました。

しかし、私個人の意見ですが特にSEOに強いと言われているツールを使用してHPを作ったとしてもあまり更新をしないで放置する様なHPなら検索結果で上位に表示なんてされません。

なので、実際には特にSEOが「強い」や「弱い」などはあまり気にしないで日々どらだけ自分でHPの更新が出来るのかがカギになるかと思います。

HPのSEOに関して色々な情報があるかと思いますが、1番はやはり日々更新するHPがSEOに長けているかと思います。Wix(ウィックス)なら自分でHPの更新が出来るので現在においてはそれほどSEOが弱いというデメリットは感じられないかと思います。


デザインのカスタマイズが出来ない

ある程度HP作成などに詳しくなってくると自分の好みにデザインをカスタマイズしたくなる方がいますが、Wix(ウィックス)の場合はこのカスタマイズをすることが非常に難しいです。

しかしWix(ウィックス)の場合、プロのデザイナーがデザインしたテンプレートが無料で使うことが出来るのでHP作成初心者ですとデザインをカスタマイズすることはまず無いかと思います。

また、一般的にHPのデザインをカスタマイズするとなるとそれなりに専門知識が必要となるので、初めてHPをくろうとしているHP作成初心者の方がわざわざデザインをカスタマイズするというのはほぼ無い話かと思います。

なので、よくWix(ウィックス)のデメリットなどで「Wix(ウィックス)はカスタマイズが出来ないから使わない方が良い」というのを見ますが、それほどデメリットだと私は感じたことはありません。


今までWix(ウィックス)でのデメリットだといわれていたことは今ではデメリットでは無くなってきている

日本での利用開始当初はWix(ウィックス)にもデメリットは沢山ありましたが、ユーザーの声に対応してきたのでここ最近のWix(ウィックス)にはあまりデメリットだと感じる箇所は減ってきたかと思います。

もちろん、「100%優れたツール」なのかといえばそうでは無い部分もございますが「プラス・マイナス」を考慮すると私個人的な意見では「プラス」の部分の方が大きくHP作成を考えているなら是非利用した方が良いツールだと思います。

ただ、HP作成初心者の方にはとても良いツールだが中級者や上級者には向かいないかと思います。あくまでHP作成初心者向けのツールだということを頭の隅に入れておくことが大事かと思います。


Wixで企業向けHPをつくるなら有料プランが必須だよ

Wix(ウィックス)だけに限らない話ですが、企業向けHPをつくるなら必ず有料プランを選択する様にしましょう。

Wix(ウィックス)は無料でも使えることは皆さんもご存知かと思いますが、無料プランではどうしても企業に全く関係が無い広告が表示されたりします。

個人的に使うHPや学校などの部活動を紹介するHPなら広告が表示されたとしてもまぁ多少は許してももらえるかも知れませんが、企業で使うHPに関係の無い広告が表示されるのは避けるようにした方が企業の信頼度は全然違ってきます。

料金
また、有料プラント言ってもWix(ウィックス)の場合ですと月額1,000円前後で利用できるので財布にも優しいかと思います。ちなみに有料プランにも数種類かありますが企業向けであれば「無制限」を選べば後々のことを考えても間違いはないかと思います。

「無制限」より若干月額料金が安い「コンボ」でも問題は無いかと思いますが、使えるデータ量に若干不安があるかもしれませんよね。


色々と機能を拡張することができるWix(ウィックス)

機能2590
Wix(ウィックス)は年に何度かユーザーの声に対応しHPを拡張することができる「アプリ」を増やしてきています。

例えば、飲食店のメニューを簡単に表示できるようなアプリやホテルやサロンなどのサービス業をターゲットにしたネット予約ができるアプリなどHP上でこんなことが出来たら良いなぁってことがアプリをインストールすれば簡単に出来ます。

ただ1つ不満を言ってしまいますが、すべてのアプリが「日本語に対応している」のかというとそうでは無く日本語に対応していないアプリもあるのでその辺は早く全てのアプリが日本語に対応してくれることを望みますがね。

詳しくはWix(ウィックス)の機能紹介ページをご覧になられる方が良いかと思います≫https://ja.wix.com/features/main


電話サポートに対応していないが初心者でも十分理解できる

HP作成初心者の場合ですと何かわからないことがあれば電話サポートでオペレーターに質問できるようになっていると大変安心感がりますが、Wix(ウィックス)場合電話サポートには対応しておりません。

しかし、ヘルプセンターのQ&Aで大抵の疑問は解決できる様になっています。また、Q&Aの量も十分過ぎるほどの量がありHP作成初心者の場合でも疑問に思ったことは十分解決できるようになっています。
サポート


サイト作成事例も充実しているので見て勉強出来る

全世界のWix(ウィックス)を利用して作成されたサイトも見ることが出来ます。

初めてHPを作ろうと思っても意外とHP作成にはセンスがいります。しかし、他の方が作成したHPを見てみて参考にすると自分の好みのHPを作り上げることが出来るかと思います。

参考サイト

先ずはどんなHPがあるのかご覧になってみるのが良いかと思いますよ。
サイト事例はコチラから≫https://ja.wix.com/

先ずはWix(ウィックス)に登録してみよう

Wix(ウィックス)
ここまで読まれた方なら先ずはWix(ウィックス)に登録をしHPの作成を始めてみてはいかがですか?

登録もメールアドレスとパスワードで簡単に登録が出来ますよ!!Wix(ウィックス)に登録される方はコチラから登録ができます ≫https://ja.wix.com/


スポンサーリンク


関連記事

こちらのページも一緒にどうぞ