リスク回避の為にWordPressも使えるようにしようと思う

私はホームページ作成ソフトのQHMを使うようになってから今年で3年目を迎えようとしていますが、2015年10月にQHMを制作していた会社(北研)が他の会社へQHMの営業権を譲渡することになりました。

また、QHMというHP作成ソフトはhaikという名前に変わり今まで通りにHPの作成は出来る訳ですが、今後のことを考えると多少なりとも不安な気持ちを持ってしまうのが本音かも知れません。

ワードプレス2

スポンサーリンク


haik以外にのソフトでも使えるようになろうと思った

私個人的にはHP作成ソフトのQHM(現行の名前はhaikになりましたが)のことは非常に素晴らしいHP作成ソフトだと思っています。

初めて自分でホームページの作成を決心した時などは、それこそWordPress(ワードプレス)でホームページの作成にチャレンジしましたが挫折した苦い経験がありましたが、簡単HP作成ソフトのQHMと出会い見事ホームページを作ることが出来たので大変感謝はしております。

しかし、今まで通り北研がhaikを継続的に販売していたのらな何ら問題は無かったのですが、HP作成ソフトの営業権を他社に譲渡したということは今後何ならかの問題が生じた際には今まで通りの対応が出来ない恐れがありますよね。

今現在、HP作成ソフト自体に大きな不具合はあまりないですが、2014年頃から動きがあったレスポンシブ対応サイトへの変更の様に今後も大きな動きがあった場合には今のhaikを販売されている会社では対応しきれない場合があるかと私個人的には思っています。

そこで、世界中で1番使われているHP作成ソフト(ソフトじゃないですが・・・)のWordPress(ワードプレス)を今の内から使える様にしとこうと決心しました。


必要ないかも知れないが・・・

私は個人でお店を経営していますが、別にIT関連のお店でもないのでサイト作成が出来なくとも良いといえば良いのですが、今現在自分でホームページの作成が出来るようになってからHPからの集客が上手く行くようになりお店の経営が安定しました。

なので、今後何らかの変化がネット上に起きて今現在使ってる自社のホームページが使えなくなるとお店の経営も不安定になる恐れがあります。

人により考え方は様々で、何か問題が起きてから対処すればいいやって考え方の方も居るかも知れませんが、問題が起きてから対処する場合と問題が起きる前から対策を打っておくのとでは精神的なことや金銭的なことで大いに差が出ると私は思っているので、今の内からそれらの対応策と1つとしてhaik以外でサイト作成を出来る様にしようと考えています。

WordPress(ワードプレス)なら、ネット上で何か大きな変化があったとしても、世界各地ですぐさま対応策が出てくるので安心出来ますもんね。


意外とすんなり使えるようになった

数年前であればWordPress(ワードプレス)のインストールでさえ手こずっていたのに、今回WordPress(ワードプレス)の練習と思いブログなどを始めてみたのですが、これが案外簡単にWordPress(ワードプレス)でブログの運営が出来ちゃいました。

ブログの運営を始めたばかりなので、SEO的なことはまだ分かりませんが、WordPress(ワードプレス)を扱える様になると今後のサイト作成の幅がグンと広がるかと思いますし、アフィリエイトなどでの収益も視野に入れることが出来るので増々楽しみが増えたんじゃないかなって私自身思っています。


今後は有料のテンプレートの購入も検討しようと思う

試作第1号のWordPress(ワードプレス)でのブログは無料のテンプレートを使ってブログの運営をしていますが、今後は有料のテンプレートを購入してお店のサイトを作ってみようと考えています。

どうしてもWordPress(ワードプレス)って無料で使えるモノとばかり思っていましたが、やはり無料は無料で商用目的(企業サイト)で使う場合は若干ではありますが不満が出てきます。


しかし、haikでもそうですがテンプレートを購入することでこれら不満点は解消出来ることも分かったのでもう少しWordPress(ワードプレス)をいじくりたおしてから有料テンプレートでも購入してみます。


はやり今WordPress(ワードプレス)で1番売れているのが 賢威6.2 というテンプレートなので、賢威を購入してみようと考えていますが価格が24,800円なので他の方のレビューを参考にしたいかと思っています。
スポンサーリンク

Tag: HP運営

コメント


認証コード1463

コメントは管理者の承認後に表示されます。