始めてホームページを作る作業において、HPのキーワード選びはとても重要な作業です。

このキーワード選びを間違えてしまうとせっかく綺麗で読みやすい質の良いホームページを作成しても、YahooやGoogleなどの検索エンジンで検索してもあなたのHPは検索結果で上位ページで表示されず誰からも見てもらえないHPになってしまう可能性もありますよ

しかし、HP作成初心者の方が初めから必要に応じたキーワードを選ぶことが出来ないのかも知れません。ですから、徐々にでもキーワードを盛り込んだ文章を書けるよう練習する必要はあるかと思います。

もくじ

スポンサーリンク


HPの作り方 HPのキーワード選びは重要だ

キーワード

こちらのサイト(誰でも簡単にHPは自分で作れる)へこられた方もYahooやGoogleなどの検索エンジンで『ホームページの作り方』や『ホームページ自作』などといったキーワードで検索し当サイトへお越しになられた方が大半かと思います。

このキーワードとなる『ホームページの作り方』や『ホームページ自作』という言葉(キーワード)を見出しや文章内に上手く入れることにより、Googleなどの検索エンジンにこのHPは『ホームページの作り方』を説明しているサイトだと認識されるようになります。

また、キーワードはタイトルや見出しなどに入れると良いとされています。

例えば、当サイトの場合には「HPの作り方」で検索をした際にこの様なキーワードなどが検索されます。

キーワード見出し

タイトルや見出しなどに「HPの作り方」というキーワードを入れながら且つ文章内にもHPに関連する言葉を入れながら文章を作っていきます。

この様にタイトルや見出し又は文章内にキーワードを入れることでこの記事は「HPの作り方」の内容を書いてあるHPだとGoogleが判断してくれるようになります。

また、キーワードの重要度はHPのタイトル→見出し→文章内の順に決まると言われているので極力キーワードは見出しなどに入れるようにして文章を作る必要があります。


キーワードの詰め込み過ぎはスパム(違反)とみなされる場合がある

始めてHPを作る人が間違いを起こしやすい項目の1つに、キーワードは重要だからと文章の中にキーワードを詰め込み過ぎてしまいGoogleなどの検索エンジンからスパム判定(違反行為)を受ける場合があります。

注意
何らかの原因で一度でもGoogleからスパム判定を受けると、検索上位表示はおろか検索結果からとばされてしまう場合があるので注意をしましょう。

また、1度スパム判定を受けてしまうとスパムを改善しないと中々検索結果で上位に表示されることはありません

また、キーワードはある程度文章内に散らばされて文章を作成するようにし、読み手にも違和感が無いように文章を作っていくのが望ましいかと思います。しかしこの「読み手に違和感が無いように」キーワードを入れながら文章を作成するのに最初は苦労するかと思います。

それと、数年前まではHPのキーワードは「そのサイトの○%が望ましい」とか「イヤイヤ○%だ」とか色々言われていましたが、ハッキリと何%が正解だという答えは有りません。

とにかくキーワードを意識しながら文章を書くだけで自然とキーワードが文章内に記載されるので文章を書く際には意識しながら「書く癖をつけましょう

また、文章だけでなく見出しなどにも適度にキーワードを入れて見出しを考えると上位に表示されやすくなると言われています。


HPの作り方 キーワード選びのコツ

キーワードのコツ

始めてHPを作られる方がいきなりキーワードを意識し文章を書くということは今まで経験が無いとなかなか難しいと作業かと思います。

そこで例を挙げてキーワード選びのコツを説明したいかと思います。

まず例に挙げるのが、リラクゼーション系のお店を東京の練馬区に出店するという仮定でホームページのキーワードを選んでいきましょう。

例えば、はじめてHPを作られる方が上記の様なお店を出店すると仮定しHPを作成するなら、キーワードは下記の様な感じで設定するするかと思います。

HPのキーワード

  • 東京
  • 練馬区
  • マッサージ

多分、私自信HPを作り始めた当初ならこの様なキーワードを選んでいたかと思いますが、これなら検索結果で上位に表示されるのは難しい場合がございます。

それは何故かというと、この様なありきたりのキーワードであれば以前からあった他のお店(競合店)のHPでもキーワードに設定している場合があり、ホームページ作成手順①でもお話ししていますが、『東京 練馬区 マッサージ』でYahooやGoogleで検索をかけてみると749,000 件以上が検索でヒットします。※2014年現在の検索結果

この様に膨大な何万件と検索される中で同じキーワードで検索結果で上位に表示させるということは大変難しく、出来たばかりの若いHPではまず無理な話かと思います。

もちろん日々HPの更新などをしてSEOを意識されればやがては上位に表示されるようになりますが、上位に表示されるようになるまではある程度の期間が必要となってきます。

HPというのもは長く古くから運営されているHPはそれだけGoogleからの評価が高い傾向があります。

なぜなら、長く運営されているHPは新たに作成したHPよりも信頼度が上がるからなんです。※最近ではこの様な現象は徐々に解消されてきてはいますがそれでも長く運営されているHPの信頼度は高い傾向があります。

そこで、少しでも上位に表示(1ページ目に表示)され、より多くの方にあなたのHPを見てもらえるようにする為には、実際にホームページを見る人のことを考えてどのような言葉で検索をするかを予想し、通常のキーワードに更に一言キーワード増やすことで検索結果を上位に表示させることを考えるのが必要となってきます。


HPの作り方 キーワード選びで一工夫してみる

ひと手間

例えば、先ほどのリラクゼーション系マッサージ店のお話に戻しますが、マッサージを受けたい方にも色々な条件が加わる方がいますよね。

ただ単にマッサージの施術を受けたい方でも、「オイルマッサージを受けたい方」や子供が預けれないので「子供同伴でも大丈夫な店」を探されている方など様々いますよね。

この様な方の場合だと、マッサージというキーワードで検索をするのでは無く「マッサージ」プラス「オイルマッサージ」や「子連れ同伴OK」などといったキーワードをプラスして検索されます。

なので、先ほどの「東京」「練馬区」「マッサージ」のキーワードにプラスして

  • オイルを使ったマッサージをしている店舗なら
    「東京」「練馬区」「マッサージ」プラス「オイルマッサージ」も付け加えてみたり
  • 子供同伴でも大丈夫なお店なら
    「東京」「練馬区」「マッサージ」プラス「子供同伴」といったキーワードにしてみる

この様に通常検索されるであろうキーワードと更にもう一つキーワードを付け加えて文章を作成してみると、それらプラス条件の方々により一層クリックされやすいHPとなりネット集客が上手くいくかと思います。


実際にキーワード1つ増やしてみると

ホームページのキーワード選び

実際に「東京 練馬区 オイルマッサージ 子供同伴」で検索すると、先ほどは
749,000 件以上検索ヒットしましたが、26,100件まで絞る事が出来ました。実に約1/30まで競合するサイトが減った事になります。

検索結果は2万件以上ヒットしてますが、全てがお店のホームページとは限らなく、例えばブログなどで『オイルマッサージしてきたよ』や「子供同伴で○○行って来た」なども検索されるので大雑把な調べ方ですが、このくらいの検索数なら出来たばかりのホームページでも数カ月で上位表示が可能と思います。

また上記の様な検索方法だけですと正確性は少し欠けますので、アクセス解析ツールなどを活用しもっと正確なキーワードを選定すればより一層正確なキーワードなどを選ぶことが出来るようになります。

そして、アクセス解析ツールやキーワードツールは『どのようなキーワード』が『月にどのくらい検索されるか』などハッキリ見えてきますので、質の良いホームページ作成には欠かせないものです。

ここで1つキーワード選択を間違った事例をご紹介いたします。これはHP制作を依頼(プロに作ってもらった)したにも関わらず間違ったキーワードを設定した事例です。

スポンサーリンク


キーワード選びを助けてくれる無料ツール

実際に私自信もHPを作成する際にはどの様なキーワードがよく検索されるかなんて分かりません。

なのでその様な時にどんなキーワードが良いのかを調べるのに使っているのが「Googleのアドワーズ」と「エースアナライザー」の2つです。2つとも無料で使えるので登録だけ済ませとくと便利かと思います。

終了のお知らせ

以前ですとどのキーワードがどのくらい検索されているかを調べるのに使用されていたGoogleアドワーズですが、現在はその様な使い方が出来ない様になってしまいました。


無料アクセス解析ツール「エースアナライザー」

エースアナライザー
参照URL→http://www.ace-analyzer.com/

こちらが、先程のキーワードなどを調べる際に利用しているエースアナライザーになります。

初めてHPを作成されるような方なら、無料登録するだけで利用ができるのでお金などもかからずキーワードなどを調べることが出来るようになりますよ

詳しいことはアクセス解析ツールの設置で説明してますので、そちらを参照してみてください。 


関連記事&人気記事

スポンサーリンク

HP作成のヒント関連記事