整体院やカイロプラクティック院に行こうと思っている方は何かしらの症状を抱えているからその様なお店に行こうと考えています。

ですからきちんとその症状に対しての説明がしっかりとされているホームページの所へ行こうと思います。

もくじ

スポンサーリンク

見た目も大事だが患者さんの悩みをハッキリと分かりやすく

勉強をする

整体院やカイロプラクティック院のホームページにありがちな違いで、いかにも知識があるかの如く専門用語を多様しているのを見かけます。

しかし、実際にはこれから施術を受けに来られる一般の方に専門用語を使って説明しても、その内容は理解しておらず患者さんの為に作ったホームページとは呼べません。

ですから、専門的な知識を持っていない患者さんにも分かる様に極力専門用語などは使用せず、一般の方にも分かる様な文章でHPを作らなければなりません。

仮にどうしても専門用語を使わなければならない状況の場合には、その後に専門用語に対しての説明などを記述するようにすると患者さんにも分かりやすいホームページになるかと思います。

例えば、腸腰筋に関する文章を作成した際には、後半に腸腰筋に対する説明文などを記述しておけばユーザー(患者さん)にも分かりやすいですよね。

こんな感じで記述する

腸腰筋とは

腸腰筋とは○○と○○を繋ぐ筋肉で、○○の時は△△に対して作用するが●●の時には××の働きがある筋肉です。

また筋肉の画像などがあれば更に患者さんはイメージしやすく患者さんは分かりやすいかと思います。

しかし1つ言わさせていただきますが、筋肉の画像などを他のホームページから勝手にコピーしてくることは決してやってはいけません。

これをすると著作権侵害といった立派な犯罪行為になりますし、下手をすると損害賠償の請求などされる恐れもあるので決して他人のホームページから勝手に画像をコピーしないようにしてください。


なんでもかんでも改善すると言っている整体院ってどうなの?

整体院やカイロプラクティック院のホームページで、あれもこれもと色々な症状に対して「当整体院にお越しになられたらその症状が改善します」と書いてある整体院のHPをよく見かけますよね。

しかし、実際にはその様に色々な症状に対し「あれもこれも改善出来ます」と書いてある整体院へはあまり行かないと言っている患者さんが多いことをご存知でした?

しかし、HPを自分で作成しないでHPをある業者に制作を依頼してしまうと、制作会社はあれもこれも沢山の症状を改善出来るようにアピールしましょうと言いだしてHPには沢山の症状の改善例などを記載することが多いです。

けど、あれもこれも改善出来ると書いてしまうとホームページを作る時に大事なキーワードの価値が下がってしまい、結局のところ自分のお店のホームページの検索結果が上位には表示されず誰からも見てもらえないHPになってしまいます。

整体院HPを作るときのポイントでもお伝えしておりますがGoogleやYahooなどの検索エンジン経由でお店などを探す際に検索結果の上位3位くらいまでしか探している人は見ないという調査結果がございます。

ですから、仮にあなたのお店のHPが1ページ目の8位くらいの検索結果では余り見てもらえなという結果になってしまいます。

まぁ実際には検索結果で1ページ目に表示されれば少人数ではありますがまだHPが目に留まる可能性があるかも知れませんが、これが2ページ目だとか3ページ目とかに表示されるようではまずあなたのHPの存在自体無いものだと思っていてもいいかと思います。

スポンサーリンク

検索結果で上位表示されない場合には広告で上位表示を狙う

整体院を経営されている方が自分のお店のHPを持とうとお考えの方は大抵HPからのネット集客を見込んでHP制作会社にHPの制作を依頼しますが、先ほどの様に検索結果が下位に表示されている場合ですとまずネット集客なんて見込めないのが現状かと思います。

すると、思っていたようなネット集客が出来ないとHP制作代行業者にHPの制作を依頼した整体院経営者の方はHP制作代行業者へ文句を言うようになります。

まぁ大抵のHP制作代行業者はHPを作ると「新規のお客さんが倍増しすよ」とか「売り上げが○○%アップします」といった様な謳い文句でお客を獲得しているのでネット集客が出来ないとHP制作依頼した方は「騙されたぁ」ってことになりかねませんもんね。

すると、今度はホームページ制作代行業者の方は検索結果を上位表示させる為には『広告を掲載しましょう』と言ってくるに違いがありません。

勿論、広告料などのお金を支払って広告を掲載するのも1つの手ですが、結局のところ広告の掲載を中止すると検索結果が下位に下がりお客さんにも見てもらえず来院する方も減ります。

全ての代行業者の方がこの様な事をしているとは思いませんが、少なからず私の見てきた業者はこのような感じの所が多い様に感じました。

逆に自分で作っている知人のお話になりますが、自分で分かる範囲でホームページを更新しているので、あまりあれもこれもとはいかずしっかりと「頭痛」なら「頭痛」についてきちんと説明し出来る範囲でしかホームページを更新しておらず、患者さんは逆に安心してそのお店に行こうと思うそうです。

スポンサーリンク

新患のリピート率にも影響が・・・

色々症状を改善しますと書いてあるホームページの方は新規の患者さんは来るがリピート率が非常に悪いと言っていました。

これは色々な症状を改善すると書いてしまったばっかりに本当に来てほしい患者がホームページを見ていないからです。ただ「ちょっと整体をうけたいなぁ」って気持ちの方はリラクゼーションマッサージ店の感覚で整体院等に行きます。

このような方は余りリピートはしません。

先ほども言いましたがある程度特色をもってホームページのキーワードを絞ると本当に来てほしい患者さんの方が多くなりリピート率も上がり結果お店が繁盛します。

あまりホームページが普及していない時でしたら、ホームページの見た目はあまり関係無かったですが、最近はホームページは当たり前になってきておりそこそこの『見た目が綺麗』もある程度大事ですが、本当の所は内容が大事になってきます。


整体院HP作成に関連する記事&よく読まれる記事

整体院のHP作成方法関連記事

スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加