最近の整体院ではインターネットなどを使ったネット予約などのサービスを行っているお店がかなり増えましたが、実際にスマホなどから見た場合に読みやすく且つ綺麗なサイトって一体どんなホームページなのでしょうか?

整体院ホームページを自分で更新されている様な方の場合には、更新作業はもっぱらPCからかと思います。

そして更新を終え実際にスマホなどで見た際にどの様に見えているのか自分で確認をされている方がどの位いるのかは分かりませんが、実際のところ文字の段落がズレていたり画像がはみ出していたりといった不具合があるのも事実です。

なのでPCで更新作業を終えても1度はスマホから実際にどのように見えているのか確認する作業は必須なので覚えておきましょう。

関連記事 整体院のHPはスマホがカギを握る 

もくじ

スポンサーリンク

スマホでの閲覧を読みやすくする

それは、2012年頃より急速に普及しだした『レスポンシブWebデザイン(Responsive Web Design)』と呼ばれるシステム?を導入したHPです。

レスポンシブWebデザインとは、HPを見る方の閲覧環境(パソコンで見ているのか?スマホなどから見ているのか?)によって見え方(レイアウト)を自動的に変更してくれるものです。

今までのホームページでは、パソコン用サイトとモバイル(スマホ)用サイトを2つ作り、2つのドメインで同じ内容のサイトを運営するやり方と、パソコン用サイトを作ると自動でモバイル(スマホ)サイトへ変換してくれる2種類の方法が主流でした。

今までのホームページの作り方

前記の方法では同じ内容のサイトを2つ作るとGoogleからスパム(違反行為)とみなされる恐れがあるのでスパム判定されないように何やら難しい設定をしなければなりませんでした。※HP作成初心者の私は難しくて説明できません

また、後記の方法では自動でパソコン用サイトをモバイルサイトに変換してくれるといっても、その変換した際画像サイズの問題や変換したデザインがダサいものが多く文字がズレていたり見ずらいサイトになることが多いのが現状でした。

しかし、この『レスポンシブWebデザイン』対応でホームページを作ると個別(PC用とモバイル用)のホームページ作る必要がなく、1つのサイトでPC用もモバイル用も文字化けすることなく、見ている方の閲覧環境(PCかスマホかなど)に合せ綺麗に表示してくれる様になります。

スポンサーリンク

レスポンシブWebデザインを導入したサイトの実例

実際にレスポンシブWebデザインを導入した整体院のHPを見てみたいと思います。下記のレスポンシブWebデザインの実例をクリックするとカイロプラクティック院のサイトが見られます。

パソコンのモニターで見ている方は普通のHPにしか見えないかと思うので、次にこのHP見ている閲覧環境(PCかスマホか)でどのように変化するか見る場合は下記のサイトで上記のHPのURLをコピーして赤枠の部分に貼り付けてキーボードの「enter」を押すとそれぞれの環境に合わせて表示されます。

画像の説明



実施に上記整体院の見え方がこちらになります。
画像の説明

最近でこそレスポンシブWebデザインのサイトが増えてきていますが、整体院などのサイトはまだまだレスポンシブWebデザインで作られたサイトが少ないのが現状なので、他店舗との差別化や差マホからの新規患者集客を真剣に考えられている方で、これからホームページを作られる方はレスポンシブWebデザイン対応サイトを作ることをお薦めします。


関連ページ&当サイトでよく読まれる記事

スポンサーリンク

整体院のHP作成方法関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加