数年前までならHPを自作されるにはそれなりに専門的な知識が必要でしたが、ここ最近ではそれら専門的な知識などなくてもHPは自作出来る時代になりました。

その専門的な知識がなくともHPが作れるサービスがHP作成サービスと呼ばれるサービスを利用する方法です。このHP作成サービスは毎月1,000円前後の利用料金を支払えばHPを簡単に作れるサービスでここ数年で急激に利用者数が伸びています。

もくじ

スポンサーリンク


整体院HPはCMSを利用すれば誰でも簡単に作れるようになりました

数年前までならHPを作るとなると文章を書いたり画像を挿入するだけではなくHTMLやCSSと呼ばれる専門的な知識が必要でしたが、ここ数年でCMS(コンテンツ・マネジメント・システム)と呼ばれるシステムが登場しそれら専門的な部分は全てシステムに任せ文章を書くことや画像を挿入するだけでHPを作ることが出来る様になりました。

例えば、CMSで代表的なシステムがワードプレスやジュームラ、ドゥルーパル、ムーバブルタイプなど沢山の種類がありますが一般的に多く使われているのがHP作成をお考えの方は1度は耳にしたことがあるワードプレスかと思います。

ワードプレスは今現在世界中で1番多く利用されており、CMSマーケットシェアの約6割がワードプレスだと言われています。

ですから、本来であれば整体院HPもワードプレスを利用し整体院HPの作成をされるのをおすすめいたしますが、初めてHPを作られる様な方にはワードプレスでHPを作るのであれば簡単とまではいきません。

そこで、初めてHPを作られる方にとって最も簡単CMSを利用してHPの作り方を説明したいと思います。


CMSでHPを作れば簡単に作成できる

参照URL→https://goope.jp/

その方法が、既にHPを作るためのシステムが全て導入されているHP作成サービスの「グーペ」と「Jimdo(ジンドゥ)」でHPを作る方法です。

「グーペ」や「Jimdo(ジンドゥ)」といったHP作成サービスはすでにあるテンプレートを利用しHPを作るので自分で細かなカスタマイズなどは出来ませんが、早くしかも簡単にHPを作ることが出来るサービスなのでHP作成作業の時間がなかなか取れない様な方にはおすすめ出来るシステムかと思います。

もちろんこれら「グーペ」や「Jimdo(ジンドゥ)」以外にもCMSはたくさんありますが、まずは簡単にHPを作ってみたいと思われる方は「グーペ」か「Jimdo(ジンドゥ)」のどちらかでHP作成に取り掛かるのが宜しいかと思います。

スポンサーリンク


飲食店や美容室向けのグーペだが・・・

整体院HPグーペ

簡単にホームページが作成出来るサイトグーペですが、飲食店や美容室向けホームページと全面的にアピールしていますが、発想を少し変えると整体院やカイロプラクティック院などに、とってもオシャレなホームページが月額1,000円~(税務き)で作成が出来るということです。

グーペ公式サイトより
ぐーぺ料金表

ところで、なぜか美容院などのホームページってオシャレでとても高級感がある所が多いですが、そのオシャレなホームページのテンプレートを整体院等で使うと他店との差別化が出来ると思います。

少し言葉は悪いかも知れませんが、ご年配の男性が経営している治療院向けでは無いが、女性オーナーが経営している整体院や少しセレブ感を演出したい整体院などに『グーペ』でホームページ作りをするのが良いかもしれません。

また、グーペは美容室向けのサービスが全て揃っているので、WEB予約システムやマップなども簡単に設置出来るからPC操作が苦手なホームページ作成初心者の方にも素敵なホームページが作れると思います。


Jimdo(ジンドゥ)なら無料でもHP作成が出来るが・・

簡単にホームページが作れるJimdo(ジンドゥ)

こちらのサービスは無料プランでもホームページの作成は出来るが、無料プランですと独自ドメインが使えないことやメールアドレスも独自のモノが使えないので商用目的のホームページですと、間違い無く有料プランをおススメします。

各プランは下記の様になっています。自分の用途に合わせてプランを選ばれるのが宜しいかと思います。

Jimdo(ジンドゥ)公式サイトより
画像の説明

商用目的のHPでも初めてHPを作ろうとされている方であればあまりお金を掛けたく無いと思われる方が中にもいるかと思います。

その様な方はどうしても無料のプランを選ばれる方がいますが、無料プランの欄(画像の右上)を見てもらえばお分かりになりますが独自ドメインとメールアカウントが使用することが出来ません。

『独自ドメインやメールアカウントなんて使えなくてもいいよ』と最初は思うかも知れませんが、仮に商用目的(お店のHPや企業のHP)の場合、名刺にメールアドレスなど記載するかと思いますが、記載されているメールアドレスがフリーで取得出来るアドレス(Yahoo.co.jpやgmailなどのフリーアドレス)ですと社会的な信頼度はかなり下がりますので、長期的にみて商売をされる方は名刺などにはフリーのメールアドレスの使用を控えた方がいいです。

また、こちらでJimdo(ジンドゥ)の登録方法や編集方法など簡単に説明していますので気になる方はご覧になってください。


関連ページ&当サイトでよく読まれる記事

スポンサーリンク

整体院のHP作成方法関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加