個人経営の整体院やカイロプラクティック院などでも今じゃHPを持つのが当たり前の時代になりました。

以前であればチラシのポスティングだったりクーポン誌にお店の情報を掲載したりして新規のお客さんを獲得していましたが、時代は変わりそれらの方法ではあまり新規のお客さんを獲得することが難しくなってきています。

なのでここ最近ではHPからの集客がメインとなったので、個人で経営されているような小さなお店でも自分のお店のHPを持つようになりました。

また、数年前までならHPはPCから見るのが当たり前の時代でしたが、スマホの普及により整体院などをお店を探す際にはスマホからお店を探す方が大半となりました。なので以前の様なPCから見るHPではなく、スマホから見て綺麗に見えるHPを作ることが大事になってきています。

このスマホから見た際に見やすいHPかそうでないかによって、ネットを使った集客の成果は大きく異なってきます。

もくじ

スポンサーリンク


整体院HPならスマホサイト対応(レスポンシブデザイン)を

数年前までのホームページはパソコンでのモニターで見ることを前提に作成いましたが、ここ数年で検索する情報などの種類(ジャンル)にもよりますが、パソコンのモニターでホームページを見るよりもスマホやタブレットなど小さい画面でホームページを閲覧することが多くなってきています。

私個人的には、最近では何か調べたい時など一々パソコンの電源を入れてPCを立ち上げる事がメッキリ減り、何か調べる時は手元のスマホで用を足す事が増えました。

多分皆様も私同様に何か調べたい時など、ワザワザPCの電源を入れることが減って手元のスマホで調べことを済ましますよね。

実は、この現象は2011年以降スマホが急激に普及した為で、整体院やカイロプラクティック院などのホームページを検索する際にも同じことが言えます。


スマホの普及率

整体院HPスマホから

2012年ではスマホ保有率が43%だったのが2014年では56%まで増え、今後スマホ保有率はますます増加傾向にあり、以前の携帯電話のように携帯電話保有率ほぼ100%に近い状態になる事は間違いが無いかと思れます。

今後のスマホ保有率のことを考えると、以前のようにPCで見る事を前提に作られたHPをいくら素晴らしく作ったとしても、スマホなどで見た時に「文字列が崩れている」や「文字が小さくて読みずらい」では、せっかくあなたのホームページに訪問してくれたお客様は内容を見ずに直ぐに違うサイトにいってしまう可能性が高いです。

それでは整体院などのHPへの訪問者がどのような傾向なのか実際の数字を見てみましょう。

スポンサーリンク


整体院HPへの実際の訪問者数

画像の説明

実際に整体院のHPへの訪問者の環境(パソコン&スマホ)を見てみましょう。これは私が知人に作った整体院のHPの1ヶ月間の実際のデータとなっております。(2014年6月現在のデータ)

全ての整体院のHPがこの様なデータになるとは限りませんが、参考になるかと思われます。

閲覧環境訪問者数
モバイル(スマホ)3,566人63.1%
パソコン1,824人32.2%
タブレット261人4.6%
1カ月訪問者数合計5651人

2014年6月期に、ここの整体院のHPをスマホなどでご覧になった方が3,566人で全体の6割以上にのぼり、一方でパソコンからご覧になった方が1,824人で3割程度でした。

実際にはHPをご覧になった人数なので、新規患者さまとしてお店に足を運ばれた人数とは異なりますが、スマホであなたのホームページを見る方がこんなに居ると言うことです。

画像の説明

一方、業態にもよりますが作るHP(何の情報を発信するか)によってはスマホからの訪問者よりPCでの訪問者が多いサイトもございます。

一例になりますが、今ご覧になっているこのサイトのようにHPの作り方などを説明しているサイトになります。ちなみにこのサイトの訪問者数は下記の様になります

閲覧環境訪問者数
パソコン2,279人67.3%
モバイル(スマホ)1,006人29.7%
タブレット101人2.9%
1カ月訪問者数合計3,386人

先ほどの整体院のHPと比較すると全く逆の結果で、スマホからアクセスされる方が3割ほどでパソコンからアクセスする方が6割以上になっています。

この様に作りたいHPの種類(業態)によってPCからのアクセスを重要視するのか、もしくはスマホからのアクセスを重要視するのかをはっきりと見極めておかなければなりません。

それではどのようにしたら整体院のHPをスマホなどで見る際に、読みやすく綺麗なHPにしていけばよいのでしょうか?

その答えが、レスポンシブWebデザイン対応のソフトを使うかレスポンシブ対応のデザインを利用しHPを作ればいいのです。

このレスポンシブWebデザインについてはこちらで詳しく説明していますのでレスポンシブのことを詳しく知りたい方は参照してください。


以前はPC用サイトとモバイル用サイトの2つを作っていた

今でこそレスポンシブデザインが普及したことにより、HPをスマホなどから見たときにも綺麗に見えるようになりましたが数年前までなら2つのHPを作らなければなりませんでした。

この方法ですと同じ内容のHPを2つ作らなくてはいけなく時間なども非常に多くかかっていましたし、Googleなどの検索エンジンなどからも「同じHPが2つある」と認識されペナルティーを受けやすい傾向がありました。

しかしペナルティーを受けるといってもしっかりとした知識があればペナルティーを受けることはありませんでしたが、そこまでの知識を身に着けるとなるとHPを自作されているような方にはちょっと敷居が高かったのも事実です。

しかし、数年前にこのレスポンシブデザインが普及しだしたことにより、これらGoogleなどの検索エンジンからペナルティーを受けることもなくHPの運用は出来るようになりました。

しかし今現在でもこの方法でHPの運営をされている方も中にはおり、それら昔ながらHPの運用をされている方はHP制作会社にHPの制作を依頼された方が多くHPを修正しようにもお金がかかるためHPの修正が出来ずそのままの状態の方かと思われます。

しかし、いくらお金がかかるからといっていつまでも以前のままのHPではネットを活用した集客が出来ずやがてお店の経営にも影響がでてくるおそれがあるので、そのような方はなるべく早くレスポンシブ対応のHPにリニューアルすることをおすすめいたします。

スポンサーリンク

今後はスマホ対応なんてのは当たり前

これからHPの運用をお考えの方はスマホ対応のHPを作ることは当たり前の時代になってきます。

今でもHP制作会社のHPなどを見ると「PC用サイトとスマホ用サイト作成同時に2つ作ります」といううたい文句を載せている会社などがございますが、今の時代スマホ用サイトを作るというよりもレスポンシブ対応のサイトを作りますと言わない様な会社には絶対にHPの作成を依頼しない方が良いかと思います。

PCからもスマホからも同じように見えるHPを作ることが、HP作成において必要最低限の作業になるからです。


今後はHP運営するなら常時SSL化にも気を付けなくてはいけない

また、これからそれらスマホ対応のHPを作るのと同時に「常時SSL化のHP」を作らなくてはいけなくなります。

この「常時SSL化」とは情報の暗号化によりよりセキュリティーを高度化したサイトのことを指します。2017年後半には「Google Chrome」などでこの「常時SSL化」をされていないサイトを見ようとすると「保護されていません」という文字がでてサイト事態閲覧することが出来なくなりました。

なので、この「常時SSL化」をされていないHPは今後誰かがHPを見ようとしても見れなくなる恐れがあるので、これからHPを作ろうとされている方は是非とも常時SSL化も視野にいれHPの作成に取り掛かるようにしてください。

また、この常時SSL化にするのには特に難しい設定をするわけではなく、レンタルサーバーなど設定画面でクリックすれば大抵の場合常時SSL化にすることが出来ます。

しかし格安レンタルサーバーなどの場合この設定が出来なこともあるので、やはり信頼がおけるサーバーを選ばられることが大事になってきます。


整体院HP作成に関連する記事&よく読まれる記事

整体院のHP作成方法関連記事

スポンサーリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加