ビジネス目的のホームページを持つなら必ず必要となってくる基本コンテンツを作成するようにしましょう。

また、業種により作るコンテンツにも多少違いがあるのでご自分の業種に有ったモノを作成してください。

もくじ


スポンサーリンク


ホームページ作成時に必要な基本コンテンツ

まず、事業(会社など)やネットショップを運営するにあたり共通して必要なコンテンツが4つあります。また、運営するホームページによっては必ず記載しないといけないページもあるので必ず確認をし作成するようにしましょう。

とりあえず通常の会社のホームページなら下記のようなページが必要となってきます。

  1. TOPページ
  2. 会社概要
  3. お問合せ
  4. プライバシーポリシー


それでは1つずつ簡単に説明していきたいと思います。


TOPページ作成

これは誰もが分かるお話ですが、TOPページを作らないとそのホームページ自体の『顔』が無いのと同じです。

会社やお店で例えるのならば、看板を出さずに営業されている様なもので高級店や隠れ家的なお店で口コミのみで流行っているお店なら良いのですが、ホームページの場合口コミのみで皆さんに知られることはまずないでしょう。

まずは、しっかりとしたTOPページは作成するようにしましょう。


会社概要

会社概要です。ホームページを見てもらいどんな会社なのかみなさんに知ってもらう為に必要です。

大きな会社なら社長の挨拶や会社の創業について書いても良いと思います。また、個人で経営しているような所ならご自身のプロフィールなど書くのも良いと思います。


お問合せページ

ホームページを見てくださった方が疑問に思った事など、気軽に聞けるようにお問合せページを作っておくのも親切です。

また、最近ではお店(サービス業の場合)の予約をネットで取ったりする予約専用ページやネットショップの場合在庫の確認なども行うの必要なページとなってきます。

お問合せページも様々なモノがあり、自動返信機能つきのお問い合わせフォームなど色々なるのでご自身のホームページにあったものを選ぶと良いと思います


プライバシーポリシー

個人情報の取り扱いの際の基準・方針を定めたものをプライバイシーポリシーと言います。

2005年4月から個人情報保護法が施行された為、多くの企業が制定しています。「お問い合わせ」と併設するのが当然の義務となっています是非作成して下さい


その他に必要なコンテンツ

上記のコンテンツはビジネス用ホームページなら必須のコンテンツ(記事)になりますが、業種によっては下記のようなコンテンツ(記事)も必要になるので覚えとくと良いかと思います。


ネットショップの場合

  • 販売商品ページ(複数ページ)
  • お支払いと配送について…特に送料・手数料など
  • 特定商取引法に基づく表記/訪問販売法に基づく表示

サービス業の場合

  • アクセスマップ(お店への行き方)
  • ネット予約フォーム
  • お客様の口コミなど


HPの作り方の手順一覧

前へ≪ 1234567 ≫次へ


HPの作り方関連ページ&お得情報

スポンサーリンク