HPの作り方①でで説明した通り、色々なHPを見ることでどの様なHPにしたいのかイメージが掴めるかと思います。

どの様なHPが「綺麗で読みやすいのか」や「こんなHPなら読みづらいな」って分かれば自分で作成しようとされているHPのイメージがなんとなくでいいので想像出来てくるかと思います。

それでは、HPの作り方②ではHP作りには欠かせ無い「独自ドメイン」についてのお話をさせていただきます。

もくじ

スポンサーリンク


独自ドメインとはホームページの住所のようなモノ

初めてHPを作ろうとされている方などはあまり難しく考える必要はありませんがドメインとはホームページの住所の様なモノで、『○○○.com』や『○○○.net』などURLに使われている文字列の事を指しています。

こちら今読まれているこちらのサイトで言えば

ドメインとは

の『hp.office-ysd.com』にあたる箇所が独自ドメインということです。

正確には『office-ysd.com』が独自ドメインで、「office-ysd.com」の独自ドメインに「hp」を付けて「hp.office-ysd.com」というサブドメインを作成したことになります。※この辺のサブドメインについてはまた後で説明します

多分自分で初めてHPを作ろうとされる方などは、この辺のドメインやサーバーといった専門用語に対して「うぉ~やっぱり難しい・・・」ってなってしまいますよね。しかしこのドメインとサーバーについてさえクリアしてしまえばHPは自分で作れるようになるので頑張って読み進めてくださいね。

専門用語などが出てきたので少し難しいお話になってきましたが簡単に説明すると、独自ドメインとは「○○○.com」や「○○○.net」・「○○○.jp」をドメイン業者から借りて、○○○の部分に自分の好きな英数文字を入れて世界にたった一つだけの自分専用(独自ドメイン)のドメインを作るということです。

ちょっと恥ずかしい勘違い
こんな勘違いする方はいないと思いますが、私はホームページを初めて作ろうと思った際に、インターネットをご自宅や職場に開通する時にインターネット回線ともう一つプロバイダーと契約しますが、このプロバイダーからもらえるメールアドレスの「○○@cronos.ocn.ne.jp」ってのがドメインだと勘違いをしていました・・・

これってただ「ocn.ne.jp」というOCNのメールアドレスで全く独自ドメインとしては使えません。まぁ今だから話せる恥ずかしいお話ですが・・・


独自ドメインは世界でただ一つ!!

独自ドメイン

それでは独自ドメインについて詳しく説明していきますね。お店などのHP作りに関して、この独自ドメインは非常に大事な部分を占めているのでしっかり理解してください。

先ず独自ドメインとはホームページ上の住所のようなもので、全く同じ独自ドメインはこの世に存在(重複登録不可)いたしません。ですから登録する際には早い者勝ちになりますので、希望するの独自ドメインを先に誰かに取得された場合は残念ながら諦めるしかありません。

また独自ドメインを取得するには独自ドメイン取得業者へ手続きをし、自分が希望している独自ドメイン名が取得可能どうかを調べる必要があります。

ですので人気がある様な独自ドメイン(例えば人気グループ名を使った独自ドメインなど)は誰かが直ぐに取得する可能性などもございますので、本気で自分が欲しい独自ドメインなどは出来るだけ早めに取得されるのをおすすめします。


1度取得したドメインは変更ができない

しかし1度取得した独自ドメインは後日「あぁやっぱり違うドメインがいいやぁ」って思っても違う独自ドメイン名に変更することは出来ません。

1度取得したドメインを変更する場合にはホームページ自体を作り直すかURLの引っ越し作業とうい面倒な事をしなきゃならないので、独自ドメインを決める際にはドメイン名などは慎重に決めるようにしましょうね。

仮にどうしても1度取得した独自ドメインが気に入らないということでしたら、新たにもう1つ独自ドメインを取得されるのが良いかと思います。

またコチラ(≫HP作成初心者向けのドメイン業者一覧)コチラではドメインを取得する際におすすめなドメイン業者の説明をしておりますので是非参考までご覧いただければ幸いです。

スポンサーリンク


独自ドメインを取得する際のポイント

初めて独自ドメインを取得する際ってなんだか緊張しませんかね?

お恥ずかしい話ですが私は初めて独自ドメインを取得する際って妙に緊張したのを覚えております。だって自分のお店のHPのURLやオリジナルのメールアドレスも作れちゃうんですからね!!

まぁそんな話は置いといて独自ドメインを取得する際に大事なポイントのお話をしてきますね。

先ず独自ドメインを取得する際に一番重要なのは簡単で覚えやすい独自ドメインにすることです。

例えばあなたの名刺にお店のホームページURLを記載する際に、長々としたURLでは見ずらいですよね。また、覚えやすいURLだと口頭でも私のホームページのURLは○○○だから検索してみてくださいとお伝えする事も出来ます。

ですから独自ドメインを取得する際には出来る限り短く覚えやすい独自ドメインを取得する様にしましょうね。

例えば独自ドメインを取得する際には下記の様なことに気を付けて取得されるのが望ましいかと思います。

独自ドメインを取得する際のポイント

  1. お店の名前や関連する言葉
  2. サービスや商品名

こんな感じでお店や商品といった物から連想できる短い独自ドメインを取得されるのが良いかと思います。


間違いやすい独自ドメインを取得するにはダメですよ

また独自ドメインに使える文字には英数半角文字とハイフン(ー)となりますが、ホームページ作成初心者の方が意外とやりがちなのミスもございます。

それは数字の1なのか英語のI(アイの大文字)や、l(エルの小文字)など分かりずらい英数字の羅列で独自ドメインを取得してしまうことです。※他に、0(ゼロ)やO(オー)などもそうですね。

先ずはそれらのことを頭に入れて独自ドメインを取得してみましょう。

ちなみにタイヤメーカーのブリジストンのドメインは

『bridgestone.co.jp/』になります。

これは、創業者の石橋正二郎の名前から、英語の「ブリッジ」(橋)と「ストーン」(石)をあわせたもので、こんな遊び心からドメイン(会社名)を決めても良いと思います

以上で独自ドメインについてのお話になります。

さぁ独自ドメインについて理解も出来たし早速ホームページを作ろうかと思ったそこのあなた少しお待ちください。独自ドメインを決めただけではインターネット上でみんなに見てもらえるホームページを作る事は出来ません!!

ホームページのデータを保存する保存場所がまだ無いからです。ホームページはご自身のパソコン等で作ったデータをみんなに見てもらっていますが、ホームページのデータをあなたのパソコンに保存しても誰も見る事が出来ないのです。

そこでみんなに見てもらえるようにする為には、サーバーをレンタルしなくてはいけ無いのです。それでは次にサーバーのレンタル方法について説明していきます。


ちなみに、ホームページ作成初心者でも比較的簡単に設定などが出来るお薦めドメイン業者のご案内をこちらでしています。気になる方は次に進む前に覗いてみてください

HPの作り方の手順一覧

前へ≪ 1234567 ≫次へ


関連ページ&お得情報

スポンサーリンク