サーバーとは、簡単に言うとインターネットに情報を発信するためのデータを保管する場所のことを指します。

ホームページ作成初心者の場合、特に難しいことを覚えなくてもいいと思います。とりあえずホームページを作るためにはサーバーが必要だということを覚えていれば良いかと思います。


もくじ

スポンサーリンク


サーバーはホームページのデータを保管する場所です

ホームページ作成初心者向けサーバーの説明

あなたが作ったホームページの情報(データ)は、作っただけではみんなに見てもらえないのです。インターネットに接続されたサーバーに、HTMLなどのデータを転送(アップロード)し、初めてみなさんに見てもらう事が出来るのです。

最近ではレンタルサーバーをただ貸すだけでなく、レンタルサーバーを借りると、その借りた会社の「独自ドメインが無料で使えたり」「複数のメールアドレスを使用することが出来る」又は「ブログも無料で使える」など、様々なサービスを提供している所が多くなってきました。

また、サーバーの種類にはレンタルサーバーの他に自社でサーバー本体を購入し、電源や回線等の設備を整えて運用する「自社サーバー」などもありますが、個人でホームページを作り運営するだけなら「自社サーバー」はまったくもって必要ないです。


ホームページ作成初心者のサーバーの決め方

それでは、レンタルサーバー業者と契約を結んで行こうかと思いますが、どんなレンタルサーバーが良いのか?という話になりますが、レンタルサーバー業者にも色々有ります。

無料で借りれるサーバーや有料だけど格安で借りれる所、または値段は高いが高機能、容量が多い所など様々な業者が有ります。レンタルサーバーを借りる時のポイントは、当たり前の話ですが「自分の目的にあったものを借りる」ってのが大前提です。

しかし、自分の目的にはどのようなサーバーが良いか分からないですよね・・・

それでは、目的別にサーバーの説明をしていきます

スポンサーリンク


レンタルサーバーを価格で選ぶなら

ホームページを自分で作ろうと思った方は、お店を初めて持った方や趣味等の情報発信源に使おうかと思った方が多いと思いますが、初めてお店を持った方などはお店の準備資金などでもう余りお金をかけたくない方ばかりですよね

そこで、少しでもお金をかけずにホームページを作ろうと思いサーバーもなるべく安く済ませるために安いサーバー会社と契約したいと思われるのは当たり前の話です。

価格面でサーバーを決める時には大きく分けて2通りのポイントがあります。

  • 無料レンタルサーバーを借りる
  • 有料レンタルサーバーを借りる

の2通りが有ります。どちらも一長一短なので各サーバーのメリット・デメリットをご覧ください


レンタルサーバーの容量で選ぶなら

サーバーを借りる時、容量が○○GB(ギガバイト)までとか書いて有りますが、ホームページを自分でつくり情報をアップロードする一時保管場所の容量の事を示しています。容量が大きければ大きい方が良いのですが、値段も高くなります

個人で運営されるホームページで有ればそれこそ50GB(ギガバイト)も有ればかなり余裕でホームページの運用は事足ります。

実際どのくらいの容量が必要か?
ホームページを自分で作り始めて6カ月程度の素人の私ですが、このサイトを含め私は5つのサイトを運営していますが、使用容量はわずか2GB(ギガバイト)程です。

運営サイトの総ページ数は正確には数えた事が無いので分かりませんが1サイト約70ページ×5サイトですので約350ページくらいでもこの容量しか使いません。

それでは、容量が大きいサーバーはどのような時に必要かといいますと、FLASHを大量に使いかなり綺麗なホームページを作ったり、動画や音声などの大容量ファイルをアップロードしたい方は容量の大きなサーバーを借りることをお薦めします

1,000KB(キロバイト)→1MB(メガバイト)

1,000MB(メガバイト)→1GB(ギガバイト)

HTMLファイルの大きさはせいぜい数十キロバイトです。写真1枚のファイルの大きさは約1MB(メガバイト)編集の仕方や収録時間にもよるが動画が約4GB(ギガバイト)

ということは単純計算ですが、写真であれば50GB(ギガバイト)のサーバーを借りると5万枚の写真を載せる事が出来ますが、普通の方がそこまで載せる事はないですよね


レンタルサーバーを機能で選ぶなら

  • 何事も始めが肝心!! 
  • 借りるので有れば値段が高い方がいいに決まっている!! 
  • 今後とても素晴らしいホームページを作る!!

という方は最初から色々な機能が付いた高性能のサーバーを借りてもいいと思いますが、このサイトを見ているという事は、初めて自分でホームページを作ろうかと思っている人かと思います。

知識が豊富な人は「高機能=使いやすい」ですが・・・よくわからないけれど、使うかもしれないしという気持ちで高機能なサービスを選ぶならば、初めてのホームページなんですから最初から高機能を選ぶのでは無く最初は初心者でも扱える物を選んだ方がいいと思います。

今度はホームページを作る為に必要な作成ソフト選びましょう。ホームページ作成ソフト選びは慎重に決めてください。ソフト選びで失敗すると、せっかくホームページを自分で作ろうかと思っても途中で断念してしまうからです


初めてHPを作る方におすすめなレンタルサーバー

ロリポップ

ホームページ作成初心者の方におすすめなレンタルサーバーのご紹介をいたします。まず、HP作成初心者であれば難しい初期設定などをしなくても直ぐにでもHPを作り出せるという条件と比較的毎月かかる利用料金が安いという観点からおすすめす出来るレンタルサーバーは ロリポップ になります。


こちらのサーバーは私自信も初めてHPを作ったときから利用しているサーバーで、各種設定する際にはなんら問題なく簡単に設定が出来HP作成初心者の方には是非ともおすすめしたいサーバーです。

ロリポップは有料サーバーの中でも比較的月額料金が安く使用できるので格安サーバーの位置づけになりますが、格安サーバーにありがちなサポート体制が充実していない様なことも無く分からないことはメールや直接電話で聞くことも出来るので毎月かかる月額料金のわりにはコスパは優れています。


ちなみに、各プランと月額使用料は下記のようになっています。

ロリポップ月額料金2

例えば、趣味などでHPの運営をされる方に向いているのが毎月250円の使用料がかかる「ライトプラン」ですが、初めて契約されるような方の場合ですと

初期費用1,500円
月額料金250円
1年目年間費用4,500円
2年目年間費用3,000円

※税抜きの価格です

1年目は初期費用がかかるので年間で4,500円ほどお金がかかりますが、たった4,500円でHPの運営が出来ると考えると非常に安いかと思います。

ライトプラン 詳細は≫こちら


また、ビジネス(集客や販売)目的でHPを運営される様な方の場合ですと、先ほどの「ライトプラン」よりワンランクアップした「スタンダードプラン」を利用される方が良いです。もちろん趣味などで使う方にもこちらのスタンダードプランの方が私はおすすめなんですよ。

スタンダードプラン 詳細は≫こちら


この様にロリポップの場合ですと使用目的にあったプランが用意されているので、自分のホームページの目的に合ったプラン設定が出来るかと思います。

ですから、とりあえず初めてHPを作られる様な方の場合ですと、ディスク容量は少ないですが月額費用が250円~のライトプランを契約し後から上位プランのスタンダードに変更しても良いかと思います。ただし、その場合ですと設定費用などかかる場合がございますご自身の判断で利用してくださいね。


それでは次にHPを作るための「HP作成ソフトを選ぶ」に進んでいきたいかと思います。



また、もう少し詳しくサーバーのことについて知りたいという方は『初心者向けサーバー講座』で説明しています≫初心者向けサーバー講座

HPの作り方の手順一覧

前へ≪ 1234567 ≫次へ


HPの作り方関連ページ&お得情報

スポンサーリンク