検索エンジンへの登録

ホームページ作成初心者の大半の方が最初は疑問に思う事ですが、「ホームページが完成しYahooやGoogleで検索してもホームページが出てこない」

これって私もそうでしたが、ホームページが完成したら勝手にYahooやGoogleなどで検索したら出てくるものと思っていましたが、そんなにYahooやGoogleは優しくないんです。


もくじ

スポンサーリンク


インターネット上で情報を検索する時に使用している、yahooやGoogleなどの検索エンジンは出来たばかりのホームページは自分から登録しないとあなたのホームページは存在していないことになっています。

完成し対策なども何もしなくとも数ヶ月(対策をすると早くて数日)で、yahooやGoogleなど検索エンジンに登録されるかも知れませんが、その何ヶ月も何もしないで向こうから来るのを待っていてはダメです。

それではどうしたらyahooやGoogleの検索エンジンにあなたのホームページを登録する事が出来るのかを説明する前に、検索エンジンには2種類あるのでそれの説明をします。


2種類ある検索エンジン 「ディレクトリ型」と「ロボット型」

「検索エンジン」という言葉をインターネットで検索すると色々なサイトで説明されていますが、ホームページ作成初心者には少し難しい言葉で書かれているので、ここでは簡単に「こんな感じだよ」程度に説明します。


ディレクトリ型検索エンジン

簡単に言ってしまうとインターネット上の電話帳みたいなもので、各分野にカテゴリー分けをしたうえで登録する事が出来、情報を検索する人に見つけてもらいやすくするものです。

:カテゴリーとは

例えば、健康をテーマにしたサイトなのか?それともIT関連なのかなど検索する方にわかりやすく分類分けしたものです。

私は使わなくなりましたが黄色い電話帳の○ウンページは、自分の調べたい項目別に℡番号がカテゴリー分けされていて、調べたいものが直ぐに調べれますよね。

それと同じように各ホームページがカテゴリー分けされおり調べる人には大変ありがたいサービスとなっています。

ディレクトリ型検索エンジンに登録してもらうには、そのディレクトリ型検索エンジン会社の人の手によってホームページ審査があり、文章や画像が法的に問題が無いかなどをチェックしてから登録になるので、その審査で落ちてしまう場合もあります。また、人の手によって審査を行うので登録費が掛かります。

しかし、ディレクトリ型検索エンジンに登録費を払い登録してもらうとホームページに訪れる人はかなりの量になるので、これからネットショップを始めるんだと言う人は是非登録する事をおススメします

無料でディレクトリ型検索エンジンに登録出来るサイトもありますが、無料のサイト(検索エンジン)は知名度などが低いのでそのサイト自体あまり使われていないから、まぁ取りあえず登録はしとくか程度でいいと思います。


ロボット型検索エンジン

ディレクトリ型検索エンジンは人の手によって登録作業を行うのに対し、ロボット型検索エンジンはその名の通りロボットがインターネット上を巡回し、自動的にホームページを登録していきます。

なので、ディレクトリ型のように、ホームページの登録申請をする必要がありません

ロボット型検索エンジンの代表が「Google」です。

Googleのロボット型検索エンジンは各ホームページのリンクを辿って自動的にホームページの情報を収集して登録していきますが、実際は中々登録されずホームページが完成した当初は「自分のホームページを検索しても出てこない!!」という状況になるのです。

この辺りが、ホームページ作成初心者が最初にぶち当たる壁になってくるのですが、数ヶ月経たないとロボット型検索エンジンはインターネット上にあるあなたのホームページにまでたどり着けないので検索してもヒットしないのです。

と言う事は出来たばかりのどこからもリンクされていないホームページには、ロボット型検索エンジンは辿り着けないですが、出来たばかりでも沢山のリンクが貼られえいると検索エンジンのロボットはあなたのホームページを見つけ易くなり簡単に登録されます。

なのでホームページが完成したら直ぐにGoogleに登録申請をすることをおススメいたします。こちらで主な検索エンジンへの登録申請方法を画像入りで説明していますのでこちらから登録申請しましょう。


もうひとつ重要な事をお話しときます。

検索エンジンに登録しても、直ぐには検索されないという事があります。

それは、インターネット上には数えきれないほどのホームページが存在し検索エンジンのデータベースに登録されますが、新しいホームページが出来てそのデータの変更には多少時間が掛かります。

ですので、登録申請しても直ぐに検索されないと焦らないで、その間に変な所が無いか出来たばかりホームページを見直す作業に回した方が時間の無駄になりません。


スポンサーリンク

関連ページ

こちらのページも一緒にどうぞ