レスポンシブWebデザイン対応にするメリット

それでは、レスポンシブデザイン対応にすることで得られるメリットをまとめてみたいと思います。


もくじ

スポンサーリンク

訪問者の離脱率軽減

全てのサイトに当てはまるとは言い難いですが、レスポンシブデザインにすることにより訪問者の離脱率が軽減出来ます。

今後、多種多様な端末(デバイス)が販売されたとしても、最適な表示を自動で対応可能になるので離脱率は軽減出来ると思われます。


作業時間の削減

レスポンシブサイトのメリット

端末(デバイス)ごとにホームページを作る必要が無く、また修正作業もPC用とモバイル用とで分けることがないので全ての作業が1回で済みます。

よって大幅な時間の削減が可能となります。


複数のURL(サブドメイン)を必要としない

ホームページを複数作る必要が無いのでURLは1つで済みます。仮に複数(PC用とスマホ用など)作る場合はURL(サブドメイン)も複数存在することになります。

仮にURL(サブドメイン)が複数存在している状態でホームページの内容が同じな場合、Googleなどには複製サイトと判断されスパム(違法行為)判定を受ける場合があるので、ホームページ作成初心者にかたには難しい設定をしなくてはいけなくなります。


Googleからも推奨されている

画像の説明

日本国内での検索エンジン使用率はYahooが1番多いですが、Yahooの検索エンジンはGoogleの検索エンジンを使用しています。

と言うことは、Googleが推奨しているレスポンシブ対応にすることによりクローラーがあなたのホームページの情報を収集しやすくなり検索結果にも影響を与えます。

※Googleではレスポンシブ対応に変えたからといって、検索結果が上位表示されるとは言っていませんがクローラーへの影響は少なからずあるので上位表示されやすくはなると私は考えております。

全てにおいてレスポンシブWebデザインは素晴らしいように思えますが、レスポンシブWebデザインにもデメリットがございます。

まずは、しっかりとデメリットを理解し『メリットorデメリット』を天秤にかけ今後自分がレスポンシブ対応にするか考える必要があります。それでは次はレスポンシブのデメリットをHP作成初心者の方でも分かる様にお話していきたいと思います。


関連ページ