ホームページ作成初心者の方は、いきなりホームページを作成しだすのでは無く、まずはどの様なホームページにしたいのか真剣に考えてみましょう。

ビジネス用(事業やお店)のホームページを作るなら「自社の強みは何なのか?」や「自社の特徴は何なのか?」などある程度明確化させてからホームページの作成に取り掛かる方が時間的にも見栄え的にも効果的です。

スポンサーリンク


競合するホームページの調査 をしましょう

敵を知り、己を知れば、百戦危うからず

孫子の言葉ですが、相手の状況や実力を把握し自分の実力を知ることで色々な状況を比較し検証することで何回戦おうが危険な状況に陥ることは無いということですが、HP作りにおいても同じことが言えます。

もし、これからあなたが作成するホームページが競合する同業者のホームページよりも検索結果が下位にいる場合は何らかの策を練らなくてはいけませ。しかし、なぜ競合する他社のホームページよりも下位に表示されているのか分からない場合は何らかの策を施そうにも施しようがありません。

なので、競合する他社よりも下位表示されている原因を調べる必要があります。下位に表示されている原因が「ホームページのキーワード」なのか「ページ数が圧倒的に少ないのか」など色々原因がありますが、分からないままでは上位表示させることは難しいので、まずは自分が検索結果で上位表示させたいジャンル(キーワード)で現在上位表示されている他のホームページの情報を調べましょう。

ホームページ作成初心者の方がそんなこと出来るの?と思うかも知れませんが、最近では他人が作ったホームページのキーワードやインデックス数(Googleに登録されているページ数のこと)などを簡単に調べることが出来るようになっています。また、色々なホームページを調べることで自分がこれから作るホームページのイメージも出来ると思います。

私自身初めてホームページを作る際に競合するホームページの情報を調べるのに使ったツールがこちらの『チェキ』です。比較的初心者でも扱いやすく調べたい項目などもこれ一つで要は足りると思おいます。

画像の説明

扱い方は、URLの処に調べたいURLをコピーして貼り付けてチェックボタンを押すだけです。これで他人のホームページのキーワードやインデックス数(登録されているページ数)など瞬時に分かります。


競合するホームページの情報も分かったのならば、これから自分で作成するホームページに記載する情報や資料をそろえる準備をしていきましょう。

下記で説明している項目は実際に私がホームページを作る際に前準備として調べる項目となっております。これらのことを前準備として調べておくとホームページ作成がスムーズに行えるかと思います。


自分(自社)の強みをハッキリさせておく

ご自身が経営されているビジネスの強みをハッキリと明確化させておきましょう。これをしないでホームページを作りだすとホームページに書かれている内容がチグハグになったりします。

例えば、ヘアサロンを経営されている場合なら

  1. 縮毛矯正に対して絶対の自信があります
  2. 最先端の技術を常に導入しています
  3. シャンプーは髪にダメージを与えないオーガニック製品を使用している
  4. 専用スパルームがございます

などなど色々と強みを先ずは書き出してみてからホームページに記載する内容をまとめいておきましょう。

しかし、これだけはしない方が良いよと言うものが有ります。それは自社の強みは価格の安さですと言うのはやめた方が良いです。こちらのサイトを見ている方は個人経営や中小企業の方かと思いますが、価格面のみで争うと必ず大手の資本に負けてしまします。

付加価値(自社の強み)を見つけて他との違いを見せつけなければ、ネット上での競争には勝ち残る事は難しいです。


しっかりとターゲットを選定する

あなたの商売とはどのような商売でしょうか?女性をターゲットにしているお店なのか?それとも男性をターゲットにしていますか?女性向けや男性向けの違いだけでもホームページのデザインなど変わってきます。

また、年齢層によってもデザインや書く文章なども変わってきます。ホームページを作る前にしっかりとホームページに訪れてほしいターゲットを絞り込む事が大事です。


キーワードを考える

先ほど自分(自社)の強みを考えてみたかと思いますが、それらすべてをホームページに記載するのでは無く、その中でお客様が検索しそうなキーワードで最も重要なもの3~5個程度に絞ります。

キーワードを絞ることにより検索結果が上位に表示されやすくなり、あなたが作成したホームページへ沢山の訪問者が訪れるようになります。

キーワードなどを調べるのには別のページで説明したいかと思いますが、「キーワードツール」を利用すれば簡単にキーワードを調べることが出来るようになります。

スポンサーリンク

必要なページを想定する

ホームページを作成する際には、大抵基本となるページだけでも最低5ページほど必要となってきます。※基本コンテンツ作成を>>参照してください また、サービス業なら料金などを記載するページや自分の強みを紹介するページなど大体でよいので何ページほど必要になるか予め想定しときましょう。

それと、「チェキ」を使用した際に競合するホームページのインデックス数(ページが登録されている数)を調べておくと、競合しているホームページのページ数を参考に自分がどのくらい必要かも分かってくるかと思います

まずは必要な項目を箇条書きでもよいので書き出してみましょう


必要な素材を揃える

自分のホームページに必要な写真などを予め揃えておくとホームページ作成に掛かる時間を大幅に短縮できます。しかし、自分で必要な写真など撮る技術なんて無いよとおっしゃる方が大半かと思いますが、無料で写真などの素材をダウンロード出来るサイトも多数あるので、写真などはそれらサイトを利用するようにしましょう。

また画像を編集する際に必要なツールも無料で使えるモノが多いので、わざわざ高いお金を出してまで購入することは有りません。私自身使っている画像編集ソフトは全て無料のモノです。



関連ページ&お得情報

スポンサーリンク

HP作成前に知っておくべきこと関連ページ


よく読まれる人気記事