ホームページを持って成功した私の仲間たち

ホームページの導入にまだ悩んでいる方の為に、実際に私の周りでホームページを自作して成功した例を何点か紹介したいと思います。しかし、厳しい言い方をしますがあくまで私の仲間たちは成功しましたが、全ての方が成功するとは限りません。

また、これだけは先に言っときます。

このHPを自作し成功をした仲間たちの中には「パソコンは持っているがほとんど使えないレベルで、いつも動画を見るためだけに使用していた」ってそんな仲間もいました。しかし、自分の家族の為、お店の為だと一生懸命努力だけはしてました。


もくじ

スポンサーリンク


HPの自作により成功した個人経営の美容室

HPの自作により成功した個人経営の美容室

自分の母親から受け継いだ小さな美容室で、経営者1人と従業員1人の小さな小さな美容室です。

昔はそこそこ流行っており従業員も5人ほど雇っていたそうですが、近隣に美容室(競合店)が増え次第に客足は減っていったそうです。

しかし、昔なじみで通ってくださるお客さんも多くどうにか経営はしていましたが、昔から通っているお客さんは高齢者の方が多く年齢には勝てません、お亡くなりになる方などが増え次第にお店に来るお客さんも減りお店の経営が厳しくなってきました。

そこで、ホームページを自分で作ってみて
新規のお客獲得を目指しました。
※ネット集客に力を入れてみた訳ですね!!


元々、その友人はブログ等で近況報告をするのが好きだったので、近況報告以外にもブログ型ホームページを作り普段の何気ない事を書いていたら友達の友達みたいな感じで、次第に新規のお客さんが増え経営も安定してきたそうです。

今ではホームページから毎月10名ほど新規のお客さんが来るようになったと言っていました。


コチラから美容院やサロンのHPの作成方法を説明しています。自分のお店のHPの作成をお考えの方は是非とも参考にしてみてください。

独立開業後、HPの自作により成功した「町の電気修理屋」

独立開業後、HPの自作により成功した「町の電気修理屋」

元々、大手の電気工事会社に勤めていた友人ですが、ある事をきっかけに会社を退職し個人で電気工事の仕事するようになりました。

最初の頃は以前からお付き合いしていた会社等から仕事をいただいていましたが、それも少しづつ減り収入は以前の1/3まで減ったそうです。

そこで、企業からの仕事以外にも個人家庭向け電気工事の依頼をもらう為にホームページの自作をおこなったところ、意外にも多くの仕事の発注が来るようになり今では自分一人では仕事が追い付かず人を雇うまでになりました。

個人家庭向けの電気工事なんて、仕事の依頼すんのかよ~って最初は思ったんですが、実際には需要ってあるんですね


子供服専門店でHPの自作により今では年商3億

子供服専門店でHPの自作により今では年商3億

元々、この知人は私の小さな町(人口40万人程度ですが・・・)でブランド物の子供服販売をしていました。

私の子供にもそこで服を買ってあげた事は何度かあったのですが、「まぁ高い」って感じでお付き合い程度にお買いものはさせていただいていました。 
※3歳児のズボンが1万円とかしたのを今でも覚えております

しかし、子供のオシャレを楽しむお母さんって意外にも多くてお店はそこそこ繁盛していましたが、販路拡大の為にインターネット上にで子供服の販売を始めました。

また、この子供服専門のネットショップは今から5~6年以上も前で、まだあの当時はあまり競合する子供服専門のネットショップも無く、販売開始してから2年位で評判になり今では年商3億円を超えたといっていました。

5~6年前ですとインターネット上に個人でお店を出すなんて考えられない事でしたが、知人は「絶対に成功するから今から少しづつ勉強してホームページを作れるようにするんだ」と言っていた事を今でも覚えています。


スポンサーリンク


HPの自作により成功した小さなカイロプラクティック院

HPの自作により成功した小さなカイロプラクティック院

脱サラしてカイロプラクティック院を経営するようになった友人は、それこそオープン当初は競合店も余り無く経営は安定していたそうでうが、整体院やカイロプラクティック院など競合店が増えお客さんは次第に来なくなったそうです。

ホームページを作る前まではホッ○ペッパーなどの情報誌に広告を出していたそうですが、広告費と新規のお客では広告費の方が高く付き実際には広告費は赤字だったそうです。※情報誌の掲載費って2~5万円前後かかります

ホームページを自作したとしても、いきなりネット集客が上手くいくとは限らないので最初は情報誌とホームページとの同時進行という形で運営していましたが、ホームページを作って4カ月目辺りからホームページから来る新規お客の割合が増え、5か月目の頃にはホームページだけで新規お客が10名ほど来るようになったので情報誌の掲載を止めたそうです。

情報誌の掲載を止めただけでも月にかかる宣伝広告費が5万円も浮くことになるので個人で経営しているカイロプラクティック院ではかなりの経費削減に役立ちますよね。

また、情報誌の掲載を止めてもホームページを見て来てくださる患者さんの質は良くほぼリピートしてくださるので経営も安定したと言っていました。

整体院やカイロプラクティック院などのホームページ作成方法はコチラで詳しく説明しています。


趣味が幸してHPの自作より販路拡大 

社員が10名ほどの小さな繊維工場で下請け専門で運営している会社がありました。ここの社長は自分の趣味の映画鑑賞用に作った壁一面のスクリーンをブログで紹介したところ、これが評判になり繊維工場から家庭用オーダーメイドスクリーン工場にスイッチした例です。

他のメーカーで家庭用プロジェクター用のスクリーンは販売されていたが、スクリーンの寸法は限られておりご自宅の壁の寸法にピッタリなスクリーンというものは余り無く、そこでオーダーメイドのスクリーンをホームページ上で販売したところ今まで年商5千万円だったろが今では年商2億円になったそうです。

もともと繊維工場という事でスクリーンのつなぎ目等はとても綺麗で、しかも壁の寸法にピッタリなオーダーメイドという事で、ありそうで無かった物を作る事により、今までの下請けだけに頼ることなく新しい販路で会社の利益に多いに貢献したお話でした。


関連ページ&お得情報

スポンサーリンク

この記事を読まれた方はコチラの記事も読まれています